FXおすすめチャートや、あてにならない2ch民の情報まとめ┃2CH FX

スワップ金利で生活!?2通貨を取引した場合に発生する金利差による損益

約3分
スワップ金利で生活!?2通貨を取引した場合に発生する金利差による損益

まず、スワップ(スワップ金利)とはなんでしょうか?

スワップとは2通貨を取引した場合に発生する金利差による損益のことを言います。

金利と言っても銀行預金の金利とは微妙に違います。

大きな違いのひとつは、マイナスもあるということ。

先にご説明した通り2通貨の金利差による損益なので、例えば金利が高い通貨で金利が低い通貨を買って保持している(ポジションを持っている)とマイナスの金利がつきます。

保持しているとどんどん資産が目減りしていくということです。

これじゃあちょっと分かりづらいと思いますので、実際の取引をベースに考えてみましょう。
(※この説明は国内業者での取引の場合のみになります。外国の通貨で取引する場合は異なります)

実際の取引でオーストラリアドル(以下、豪ドルといいます。)を「買う」とどうなるでしょう?

この場合「買う」ということは、低金利の日本円を売り、高金利の豪ドルを買うということです。「売り」はその逆。

例えば、日本円を「1」、豪ドルを「5」とした場合、
「買い」は5(豪ドルを買う) -1(日本円を売る) = 4(スワップ金利)
「売り」は-5(豪ドルを売る) +1(日本円を買う) = -4(スワップ金利)

となります。

では、日本円は低金利の通貨ですが、高金利の通貨はどのようなものがあるでしょうか?

高金利通貨でスワップを運用する

以下が代表的な高金利の通貨になります(※2021年1月現在)

・トルコリラ 8.35%
・南アフリカランド 3.60%
・メキシコペソ 4.60%
(ちなみに日本円は-0.10%)

これらの通貨を日本円でそれぞれ100,000通貨分買うと1日に

通貨ペア1日のスワップ10万円の証拠金で運用した年間スワップ
トルコリラ/円20円5~9万円
南アフリカランド/円7円2~2.5万円
メキシコペソ/円7円1.5~2.5万円
(※業者によって多少異なります)

ずつ増えます。しかも365日です。

だから、このスワップ(スワップ金利)で生活している人もいます。

南アフリカランドを100万通貨買うと、1日10000円ですからね。

ただ、当然リスクヘッジが必要です。

リーマンショックやユーロ危機でユーロが暴落しました。

暴落するとスワップ金利以上に損失が大きくなり、資産全体としてマイナスとなります。

そうならないために、他の通貨は「売り」を入れてリスクヘッジをしたり、通貨の下落も想定して資産に対してレバレッジを低くしたりしている人が多いです。

安定した経済状況では有効な手段ですが、現在のように不安定な経済状況ではどの値で買うかが重要となってきますので、皆さんも慎重に取引をしてください。

リスクヘッジは忘れずに!

プロフィール

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets
Feedly