FXおすすめチャートや、あてにならない2ch民の情報まとめ┃2CH FX

ダウ平均の下落は円高のサイン!外貨が冷え込んだらGOLD「金」が儲かる

約4分
ダウ平均の下落は円高のサイン!外貨が冷え込んだらGOLD「金」が儲かる

投資は為替だけではありません。

最も一般的な投資といえば、やはり「株式市場」ですね。

とくに、日経225ダウ平均は、その国や地域の経済動向を占う上で大切な指数なのです。

リーマンショックの円高はご存知ですか?

アメリカ経済の回復の遅れは世界経済に影響

2011年では82円前後にまで円高になるなど、輸出産業にも大きなダメージが現われていました。

さて、この円高の原因は色々とあるのですが、最も大きな原因といえば、「アメリカ経済の回復の遅れ」ということになりますね。

つまり、アメリカ経済に不安を感じた投資家たちが、比較的安全な資産と言われる日本円を買っているんです。

前日のダウ平均の動向に注目

そこで皆さんに注目していただきたいのが、「前日のダウ平均の動向」です。

ダウ平均は、アメリカで最もポピュラーな指数であり、これが前日に下落すると、翌日に円が買われる傾向にあるのです。

一方、ダウ平均が持ち直せば、その翌日に円が売られる傾向にあります。

「確実にそうなります!」とまでは言えませんが、比較的信頼できる判断材料にはなると思います。

外貨が冷え込んだら「金」を買おう

外貨が冷え込んだら「GOLD」を買おう

FXは、言わずと知れた「外貨の取引」です。

しかし、他にも投資はたくさんありますよね。

もそうですし、原油だってそうです。

もちろん、「金」も投資の対象として人気のある商品です。

金と外貨の相関性

じつは「外貨」と「金」は、非常に密接な関係にあるんです。

金は、その価値がゼロになることはありません。

したがって、安全な「投資商品」として金(GOLD)は人気なのです。

そのため、外貨市場が冷え込むと、危険を感じた投資家たちが金を買う傾向にあるんですね。

ためしに、リーマンショック直後からの、金の価格をチェックしてみてください。

2008年11月以降の金価格です。

外貨市場が一気に冷え込んだことから、それに比例するように金の価格が急上昇しています。

このように、外貨が冷え込めば金の市場が熱くなり、金の市場が一段落すれば、外貨市場に賑わいが戻ってくるのです。

金はポンドよりボラが高いので損切りはしっかり

金と外貨、一見すると関係なさそうな2つですが、じつは非常に密接な関係を持っており、為替トレーダーの中には、金と外貨の2つで投資をする人も多いのです。

最初の頃はこの2つを行き来するのは難しいでしょう。

しかしある程度、FXに慣れてきたなら、ぜひ金の市場にも目を向けられるようになってください

中央銀行総裁の発言は要注意

中央銀行の総裁の発言は、世界中の投資家が注目する

中央銀行と言えば、その国や地域の「銀行のボス」になります。

経済対策の大きな柱を打ち出したり、金利の水準を決めるなどが大きな仕事ですね。

もちろん、それらの仕事は国全体の経済を左右しますので、「非常に重要な仕事」になります。

世界中のトレーダーが注目する

だからこそ、中央銀行の総裁の発言は、世界中の投資家が注目することになるのです。

とくに、アメリカや日本、EUの中央銀行総裁の発言は、重要指標よりも大きな変動要因になるケースが多いですね。

また、公式発表だけでなく、公演での発言ですら、注目を集めることになります。

リーマンショック以降、アメリカ経済の回復の遅れが心配されていますが、大きな原因の1つは「指標が良くない」ということです。

しかし、「中央銀行が積極的に動いていない」というのも、投資家の不安を高めているんです。

刺激しない発言だから次回に注目が集まる

アメリカ経済の回復は、世界経済の回復に欠かせないものです。

ですので、アメリカの中央銀行である「FRB」は、積極的に行動や発言をするべきなのですが、なぜか「静かにしている・・・」という印象しかありません。

ところが、裏を返せば・・・「黙っているからこそ、次の発言に注目が集まる」ということなのです。

ぜひとも見逃さないようにしておきたいですね。

プロフィール

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets
Feedly